鹿児島の箏(琴)・三味線和楽器教室:桐の音楽院

こんにちは。桐の音楽院(きりのねがくいん)です。鹿児島を中心に活動している箏や三味線の会です。お稽古や尺八や他和楽器との合奏、演奏活動などなど。お問い合わせはお気軽に♪

基本の調子を学ぼう前篇:雲井調子・中空調子

今回のYouTubeでは箏(琴)の古典曲などでよく使われる基本的な調子の取り方をいくつかまとめてみました。

 

youtu.be

 

今回の動画は「雲井調子」それに関連して「本雲井調子」・「半雲井調子」を。
そして「中空調子」を説明しています。都節兄弟ですね。

 

調弦表はこちらにも貼り付けておきますね。

f:id:nogajika:20201019154817j:plain

f:id:nogajika:20201019154850j:plain

f:id:nogajika:20201019154855j:plain

f:id:nogajika:20201019154904j:plain


平調子に関しましては以前お届けしましたのでそちらを参考にしていただければと思います。

youtu.be

youtu.be

「私はここにいる!〜コロナを越えるアートプロジェクト第2弾」

鹿児島の認定NPO法人鹿児島アートネットワーク企画”コロナを越えるアートプロジェクト第2弾”「私はここにいる」に参加致しました。

 

www.youtube.com

 

鹿児島のアーティスト達がそれぞれお気に入りの場所でパフォーマンスをし、その動画を配信し、実演した場所もマップ上で記録しどんどん繋げていこうという企画です。

 

特設サイトのマップもぜひご覧ください↓↓

k-art-net.org

 

まだまだ点と点の間は広いですが、どんどん繋がっていくと良いですよね。
素敵な企画だと思います。アートネットワークのYouTubeチャンネルも登録して、鹿児島のアーティスト達を応援してくださいね。

箏の自然な音って?

こんにちは。桐の音楽院、梶ヶ野です。
今日は最近ちょっと感じていた事をつらつらと書いてみたいと思います。

 

最近ユーチューブやzoomというオンラインでのお稽古や音出しなどの機会が、以前より圧倒的に増えてきています。そこで気になるのはやはり音質。

 

先日東京音楽大学の「日本とアジアの伝統音楽・芸能のためのアートマネジメント人材育成」という取組に講師として参加させて頂きました。様々なバックグラウンドの受講生がいらっしゃり、箏を習っている学生の方もいらっしゃれば、全くこれまで箏という楽器に馴染みがなかったという方ももちろんいらっしゃいました。

 

「現代×箏」というモチーフで一つの動画を作るのがこの企画の最終目標なのですが、そこで何回となく話に出てきたのは、オンライン上での箏の音について。受講生一人一人の意見を聞いていくのですが、面白いなと思ったのが、"自然な箏の音"という定義の多様さ。

 

ある人はおそらくデジタル処理されていない音の事を言ったり、ある人にとってはコンサートホール(ある程度余韻のある場所)で聞く音の事であったり、別な人にとっては真横で演奏されている音の事だったり。

 

この講義の中では実際コトコト(山野安珠美さんと梶ヶ野)で演奏し、それをカメラで撮ったものを直接zoomで聞いてもらうという実験もしました。東京音大内の縦型に広い教室を使用(↓このような感じ)。

f:id:nogajika:20201005120617j:plain

講義用の部屋なので、私たち演奏者にとっては幾分デッドな印象。その中で箏の音を自然に聞かせたいと私たち。一方楽器とは別にこの教室内での自然な音の追求をされる撮影の方。それぞれの価値観で”自然な音”という定義が違うのだなぁと興味深く感じました。

 

f:id:nogajika:20201005120559j:plain

またコトコトワークショップ後感想を聴いてみると、実演の際は聞いている側の環境(PC、携帯、モバイルタブレットなどなど)によって、音の印象もだいぶ変わってくる結果に。一方で迫力ある音の印象が、他方では聴いていられないくらいのノイズ音と受け止められたり。さらに気をつけないといけないのはzoomでは喋る声を聞き取りやすくするためにエコーカット、騒音除去などの機能がついているのだけど、演奏をzoomでお届けするとなるとこれも又オフにしなきゃいけなかったり。これがzoomでなくて別のツールだと又違う設定をしなきゃいけないだろうし・・・

 

全てに対応していこうとすると、やることや覚えること、考えなきゃいけないこと、いっぱい。こう考えていくと人間の耳というのは本当に高機能。ただこれも先に言ったけど、”自然な音”の定義っていうのは人それぞれのフィルターがあり、耳がそれに沿って自動変換している可能性がありますよね。

 

ということを踏まえて、最近自分のウチでマイキングの実験をしています。次のブログで書きますが、とある企画に参加しようとして映像をとったのですが、音がイマイチ・・・。という訳でちゃんとマイクを立てて音は別録りにしてみました。箏は専ら音響さん泣かせな楽器と定評(!?!)があるのですが、うーんやはり難しいのかもと実感しました。実験はしばらく続くかと思いますが、結構好みな音で撮れるようになってきたのでしばらくこれで演奏動画を発信できればと思います。

 

私は私が考える良い音で箏の音を発信したい。

 

というのが、今日の話のオチでした。

YouTube はじめてのおこと『中指と親指を交互に弾く練習応用編〜はねあげトテトテ』

前回YouTubeにあげました『しっかりトテトテ』の練習動画の続きになります。

 

はい質問です。前回の復習になります。

Q トテトテってどんな指使いでしたか?

⬇︎

⬇︎

⬇︎

A 中指と親指を交互に弾く指使いでしたね。
人差し指と親指のパターンも有りますが、今回は中指にフォーカスしました。

 

前回は親指をしっかり弾くトテトテでした。今回は親指をわざとはねあげるタイプのトテトテ。

www.youtube.com

 

これ動画内でも少し話していますが、どう弾き分けるのか、もポイントになるかもしれません。概ねトテトテが使われている部分のテンポによりますし、あとはフレーズ感の中で弾きわける時もあります。

 

ただ、これは楽曲によっても違いますので、まずは”しっかりトテトテ”と”はねあげトテトテ”があって、それを両方弾けるようにしておくと便利かなと、個人的には思っています。

 

ではでは。少しでも皆様の参考になると嬉しいです。

YouTube はじめてのおこと『中指と親指を交互に弾く練習〜しっかりトテトテ』

久しぶりにYouTubeアップしました。
やりたい内容はいっぱいあるのだけどそのアイディアをまとめるのと、あと編集が大変ね(笑)。

 

www.youtube.com

とブツブツいわず(笑)今回の動画の説明を少しだけ。

 

おことでは、中指と親指を交互に使い演奏することを”トテトテ”と言います。

”トテトテ”もテンポによって親指の弾き方が変わってきたり、絃と絃の幅がオクターブより狭い時は人差し指と親指で弾いたりもするのですが、今回は中指と親指のトテトテ、しかもしっかり糸を弾ききる方法をご紹介しています。

 

箏の楽曲ではよく出てくる指使いなのですが、なかなか奥が深くて難しいですよね。

 

親指の時もコロリンの時も説明しましたが、とにかく爪は絃に対して直角に当てて、絃をスパッと振り切るかのように一音一音を出すようにして下さい。動画でもしつこーく説明してますので、ご参照いただければ幸いです。

 

”トテトテ”をしっかりと弾ける事で、別のとある"手”(箏で言う所の演奏法、指使い)もしっかり弾くことができるんですよ。それはまた次回にお話ししますね。


こうやって考えてみると、実際対面式のお稽古では言葉でちゃんと説明していないところもあるかもしれないなと思ったり。対面でやれることの長所と、こうやって映像で伝えることのできる長所を組み合わせて学べると、さらに上達の速度が速いかもしれませんね!

 

私も練習しなきゃ!勉強が足りん!と改めて思い直しているところです。
ではでは〜。梶ヶ野

「いつも見える河」(高橋久美子作曲)デジタル楽譜発売のお知らせ

高橋久美子さんが作曲された「いつも見える河」のデジタル楽譜発売致しました。

https://crossroadsp.base.shop/items/30479591

 

この曲は2006年にTsuguKaji-KOTO(山本亜美・梶ヶ野)が委嘱初演した曲になります。TsuguKaji-KOTOの曲は25絃と17絃での組み合わせが多い中、この曲は13絃と17絃で演奏できます。広く皆様にも演奏されると良いな。

 

ゆったりとした17絃のコードの中で流れる旋律の美しさ。
自分たちで弾きつつうっとりできる曲です。以前にとったTsuguKaji-KOTOの映像ですが、参考までに貼り付けておきますね。

www.youtube.com

 

高橋久美子さんといえば邦楽ジャーナル付録についている楽譜も手がけてらっしゃったり、「Crossroads」のタイトルで、尺八・声楽・箏それぞれにフィーチャーしたCDを出されていています。久美子さんは本当に研究熱心!和楽器についてもご自身でわざわざ師匠につき学ばれており、それぞれの楽器を深く掘り下げていらっしゃる作曲家です。

 

野坂操壽先生と出されたCD私も愛聴!尺八トッププレーヤーを迎えての「Crossroads Vol3 解体新譜/作曲家 高橋久美子×尺八考」は平成30年度(第73回)文化庁芸術祭賞レコード部門において優秀賞受賞しております。

 

 

https://crossroadsp.base.shop/

(↑↑ご紹介したCDは全て上記のCrossroads Publishing で購入できます)

 

お家時間のお供におすすめです(^ ^)

 

 

 



 

螺鈿隊で螺鈿ひいたよ

螺鈿隊で螺鈿ひいたよ。
ツィッターではメンバーのツィートをご紹介しましたが、こちらでもご案内。

 

www.youtube.com

それぞれのうちからのリモート螺鈿です。音源のミックスは市川慎くんが、映像のミックスは小林真由子たんのオット氏がしてくれました。本当にありがとう。

 

映像見ているとちょっと不思議だったり自由すぎたりしてて笑えるけど(笑)、見てるとなんだか楽しい気分になります(私だけ??w)。

 

世の中は半ば強制的にドラスティックに変わりつつあるけど、こうやって遠くにいても繋がることのできるデバイスがあることのありがたさを感じてます。鹿児島にいるから特にかな。でももうそんな距離的なものもあまり関係ない時代もくるのかもしれませんね。とりあえず個人的には、オンラインでも時差のなく合奏できるツールができるといいな〜〜。そして心配のない世の中になったら、やっぱりリアルで音出ししたいね😆